第74回 HITOTSU学公開講座 (2012.7.8)

3月より始まりました、21世紀の生き方「スマートライフスタイル」の最終回として、まとめと皆様からの質問にお答えする会となりました。

HITOTSU学は、スマート認識技術によって、日本から新しい生き方スマートライフスタイルが全世界に広がっていくことを確信しています。
皆さんは今、希望にあふれていますか?ワクワクしていますか?
スマートライフスタイルとは、今ここがワクワク、人と出会うのが楽しくて仕方なくなる生き方です。
今こことは、光よりも速い世界。それは時空間の素材そのものです。時空間の素材とは、時間も空間も存在も無い、究極の真実の世界であり、それこそが本当の自分でもあります。
その真実の世界を生かすことで、すべてを美しく感じ、自分も人間も大好きで、希望にあふれ、今ここワクワクしながら生きる新しい生き方スマートライフが可能になるのです。
 
しかし、体の範囲だけを自分だと思えば、相対比較、未来への不安、人間関係の悩みなど、考えが自分をいじめます。人に会うのが面倒くさいし、人と会っても解りあえない・・・
なによりまず人間がよくわからない。
だから人よりはお金が好き、お金は裏切らないから・・・というように、お金の価値に人間が完璧に負けている状態です。

20120708_2 20120708_3

スマート認識技術によって、常に自分の考えに勝っている状態になれば、本当の自分で生きる喜び、目の前の人を喜ばせることで得られる喜び、そして共に作るという3つの喜びにあふれて生きることができるのです。

そのために必要なことは“出会い方”が変わることです。
今ここと、どう出会うのか。人間との出会いかた、宇宙自然、歴史文明との出会い方の革命です。
今までは、自分の体が出会いの中心道具になっています。
その状態では、誰もが違う観点を持っており、判断基準も違えば、過去の経験知識イメージ違う。これらをもって理解するから、理解方式もみんな違う・・・
そのような状態では、関係性がうまくいくはずもなく、人と人が美しい秩序を作ることができなかったのが人類の史実です。

ですから歴史は、暴力で秩序が維持されてきたのです。
人権までも王に売り渡しながら、奴隷として生きざるを得ない封建時代を通過し、何百万の人たちの死によって市民革命を成し、人権宣言より自由を獲得し社会プレートが変わります。

そして時代は暴力から、資本主義という冠を被った財力時代へと支配秩序が移り変わります。美しい資本主義もありますが、今は醜い資本主義になっています。
資本主義、民主主義、市場主義、これらすべてガタガタになっています。
本当は、人間力とバランスが必要です。人間のアイデア、技術、信頼体制、疎通交流の能力を高め、それによって経済発展が起きることが大事です。ですが生産要素の力に依存して経済発展を引っ張ってきた、今の世界は危険的な状態になっています。

今、最優先で解決すべきことこそ観点の違い、判断基準の問題です。
この問題を解決できていない状態では、意思決定と、価値判断ができないということです。
人間力をアップグレードして、お金に勝てる人間力、人間関係力をつくる必要があります。
それを尊厳フィールドといっています。尊厳の場です。21世紀は、自分の尊厳は自分がつくる時代です。何者も自分の上に立たせない、最高の尊厳を。

20120708_4 20120708_5

東洋には悟りの世界がありますが、今までは現実で使うことができませんでした。
その悟りを進化させて商品化、産業化することで、人間だれもが悟れるようになります。

脳に観点固定された状態での人と人のつながり(人間力、人間関係力)では、お金に負けてしまい秩序を維持するには暴力、財力に依存するしかありません。
お金に負けないつながり(人間力、人間関係力)をつくるためには、無念、無想、無知、無我、無為、無刀の悟りの世界が必要です。
そしてその悟りを道具に、今まで私たちが陸路、海路、空路と開拓・開発してきたように、これからは心と心がつながる心路を開拓・開発することが必要なのです。

人と人が本当に深くつながらないと、お金に負けます。人間がどれくらいすばらしい存在なのか、目覚めるしかありません。
認識セッティング、組み立てがしっかりできていれば、最高の尊厳をもって生きる21世紀の新しい生き方「スマートライフスタイル」が出来るのです。

後半は皆様からの素晴らしい質問に対してお答えする場となり、ご紹介したいのですが、文字数の限りもありますので、内容は割愛させていただきます。

次回8月5日(日)からは新シリーズ、21世紀の新しい生き方「和の産業化」をお届けしてまいります。皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

20120708_6 20120708_7